介護のプロフェッショナルとして、
日本の未来を創ろう。

あなたは、介護のプロフェッショナルと聞いて
どのような仕事を思い浮かべますか?

介護のプロフェッショナルとは、
『よりよく生きたい』という人の意志と
社会との間に『介』在して、
その意志を『護』る仕事。

私たちはそう考えています。

世界最高の高齢化率を誇る日本において、
介護のプロフェッショナルへの期待は
日に日に高まっています。

高齢者向け市場の急成長や、
医療・福祉分野で働く人口の増加、
民間企業の参入に伴う職場環境の改善といった
変化の兆しは、社会からの期待の表れです。

一方で、介護のプロフェッショナルの働き方について、
知られていない事実や、誤解も多くあります。

例えば、
サービスによって仕事の風景は様々で、
希望するライフスタイルにあわせて
働き方を選ぶことが出来るという事実は、
あまり知られていません。

『資格や経験が必要で、未経験からは難しい』
『給与が低く、労働時間が長い』
『肉体労働が中心で、離職率が高い』
といった誤解も根強くあります。

だからこそ、
未来産業としての介護の可能性に目を向けて欲しい。
様々なサービスで活躍する方の声に耳を傾けて欲しい。
先入観でキャリアの可能性を狭めないで欲しい。

そして、
介護のプロフェッショナルを目指すことが、
就職や転職の選択肢のひとつになってほしい。

私たちはそのような想いをもっています。

介護の未来は、
あなたやわたしが暮らす日本の未来です。

介護のプロフェッショナルとして、
日本の未来を一緒に創りませんか?

相談する